金沢グルメを堪能したいなら居酒屋『いたる』が最高

SPONSORED LINK
f:id:sakurayamashiro:20160127104712p:plain

年末に行ってきました初金沢。

旅行の楽しみといえば食事ですよね。

地元グルメが食べられて地酒がそろってて観光客も楽しめるけど地元民にも愛されていて店員さんがイケメンだらけでちょっと方言と聞けちゃってでもかわいい新人店員さんのことをスマートにフォローしているところを見てキュンとしつつも嫉妬しちゃったりなんかして欲を言うならばリーズナブルでかつ雰囲気が良いお店に行きたいという方、多いのではないでしょうか。

そんなあなたに血眼で調べつくし見つけた居酒屋「いたる」が最高だったのでご紹介します。参考になれば幸い。

選考理由

 1.旬の名産物・地酒をだしてくれる

金沢に行ったら絶対食べたいのが海鮮。

ノドグロ、アジ、カジキマグロ、ブリ、白子etc…が食べられるのは当たり前。

いたるのすごいところは何と言っても蟹料理の多さ!

f:id:sakurayamashiro:20160413145557j:plain
香箱ガニの濃厚な旨味たまんない・・・。
自分が知っているカニとは違うはじめての旨み。
食べた瞬間あれ?これカニ?あ、カニか。ってうま!!!!おいし!!!!え、これおいし!!ってなった。

f:id:sakurayamashiro:20160127105304p:plain地酒の種類も豊富デスヨ。

f:id:sakurayamashiro:20160413150007j:plain
蟹の身を食べ終わった後は殻に日本酒を注いでくいっといきましょう。
金沢サイコー

2.地元民にも愛されている

f:id:sakurayamashiro:20160413153153j:plain

観光客向けのところももちろん良いのですが地元民に愛されているお店ならなおよし。

だって普段から地元グルメを食べている人達も納得の味ってことでしょ。

金沢を代表する居酒屋。
地元民のリピーターの多さも、信頼の高さを証明しています。
しかしながら、北陸新幹線金沢開業後は観光客さんが前々から予約を抑えていらしゃるので、地元の我々が行けなくなってしまったお店の代表格。
今では、近くて遠~い存在になってしまいました。

(引用:食べログ http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000009/  )

創業から28年目と云う金沢では超人気店です。
団体のため駅からは4台のタクシーに分乗、運転手さんに「あの混んでる居酒屋さん、団体で良く予約が取れましたねぇ~、1ヶ月前でも無理です
から」と云われました。だけど我々が予約したのは2ヶ月前。

(引用:食べログ http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000009/  )

さらに、地元の方と仲良くなり話を聞けるチャンス!ガイドブックには載っていないお得情報や穴場をおしえてもらいましょう。

それにさ、はいキタ。

方言を楽しめるチャンス到来。このときを待っていました。方言男子萌え。

「あんたのことが好きげんちゃ。がっぱになって、気をひこうとしとったがや(あなたのことがすきです。一生懸命気をひこうとしてました)」

えええええもうわけわかんない。全然通じないけどかわいいい。

年下のかわいい男子に言われたい。 金沢サイコー

 3.立地

f:id:sakurayamashiro:20160127101823j:plain

今回は金沢駅周辺観光がメインだったので

兼六園より徒歩10分、21世紀美術館から徒歩3分のここはまさに理想の立地。

他にもお寺やショッピング施設からも徒歩圏内なので市内観光後の食事にはもってこい!時間も交通費も無駄にしません。金沢サイコー

 予約必須

私が行ったのは平日でしたが、18:00ですでに満員。(驚)

その後もお客さん来る来る。入れなくて残念そうに去っていく方たちを蟹を食べ白子をすすりながら何組もお見送りしました。(ゲス顔)

かわいそうに。せっかく旅行できたのにねぇ。嗚呼かわいそうに。(棒読み)

でもさすがいたるさん。入れない場合は近くに系列店があるらしく、行きたいと言えば店員さんがその場で予約を取ってくれます。イケメンかよー

でもせっかく旅行できたなら本店に行くべきです。予約必須。絶対必須。

店舗詳細

いたる本店
076-221-4194
石川県金沢市柿木畠3-8

るるぶ金沢 能登 加賀温泉郷’17 (るるぶ情報版(国内))

るるぶ金沢 能登 加賀温泉郷’17 (るるぶ情報版(国内))

ことりっぷ 金沢 北陸 (旅行ガイド)

ことりっぷ 金沢 北陸 (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 15回
  • この商品を含むブログを見る
金沢手帖 2017 (金沢好きにおくるスケジュール帳)

金沢手帖 2017 (金沢好きにおくるスケジュール帳)