読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello me.

新しい私、こんにちは

「サロンでやるだけが美容師の仕事じゃない」27歳で独立した彼女がフリーランスとして前進し続ける理由

f:id:sakurayamashiro:20170317160330j:plain

 

 

 

全体の1/2記事目を読んでいます>>

 

 

 

こんにちは!

さくらん(@skrninjin)です。

 

以前公開した、陶芸作家のユキガオさんとのアラサー女性対談。ありがたいことに嬉しい反響をかなり沢山いただきました。

 

こちらの対談、どんな企画かと言いますと・・・

 

 

これは、私が今いちばん気になるアラサー女性と対談談する企画です。

メインテーマは働き方・生き方・恋愛観・すきなこと・おすすめのレストラン・ダイエット・美容・・・んーーーー色々!

とにかく、アラサー独身女の私が気になることをズバズバ聞いていきます。

このコーナーを通じて私にとって、そして皆さんにとっても、人生の選択肢を広げるきっかけになったらいいなと。 

そんな思いからはじまりました。

よし、みんな!

固定概念なんてぶち壊せ!

 

「10年勤めた大企業での安定を捨て、陶芸家へ」より抜粋

 

 

 ということで、第二弾です。

それでは早速行ってみましょう〜!

 

 

 

HAIR & MAKE UP ARTIST  山中茉由佳さん

f:id:sakurayamashiro:20170308205930j:plain

 

今回のお相手はフリーでヘアメイクアップアーティストをされている山中茉由佳さん。

 

経歴(公式HPより抜粋)

 

2014年
ヘアスタイリストを経てフリーに転身
     
・ブライダル中心にサロンワークや撮影、イベント等に携わる。
・講談社 雑誌 VOCE
 VOCESTとしてコスメイベントの出席や
 雑誌掲載に参加。
 公式サイトにて美容ブログ掲載中。
     
2016年
・単身NY一ヵ月
・Brooklynロケ撮影同行
・ブライダルスタイリストとしてヘア担当
・他 サロンワーク 撮影等

 

ブライダルのヘアメイク、サロンワークだけでなく写真撮影まで全てを行い、自身の世界観を表現。 そのかたわら、講談社voceの公式インフルエンサーとしても活躍されています。

 

 

さくらん(以下:さ)茉由佳さん〜今日はよろしくお願いします!

 

茉由佳さん(以下:ま)よろしくお願いします。ちゃんと喋れるかなあ〜ふふふ

 

 

美人な上にとっても“ゆるふわ”な茉由佳さん。

 

 

 

フリーランスになったきっかけ

さ:茉由佳さんって何年サロンで働いてからフリーになったんですか?

 

 

ま:サロンで6年。フリーになって2年半くらい。

 

 

さ:前の会社(サロン)はどんなところだったんですか?

 

f:id:sakurayamashiro:20170308205820j:plain

 

ま:通常のサロンワーク(カットやカラーなど)に付加価値をつけ、「ワンランク上の美容を提供する」お店だった。色々なことを勉強させてもらって毎日が充実してたよ。特にホスピタリティーに関しては、そこで身に付いたことがフリーになってからも本当に役に立っていて、今ではそこを気に入って通ってくれているお客様もいるくらい!

 

 

さ:え!そんな良い会社(サロン)なのに何で独立しようと思ったんですか?

 

 

ま:違う世界にも足を踏み入れたいなと思ったのがきっかけかな。

元々、おしゃれで華やかなヘアメイクの世界が好きだったんだけど、ある時ショーのヘアメイクにアシストとして携わらせてもらえて、それがすごく刺激的だったの

 

 

さ:キラキラした世界〜

 

 

ま:それに大きなサロンだったから、コンテストや大会もあったり。すごく信頼している先輩と出場したら東海大会で優勝することができて。そうしているうちに自信もついてきたんだよね。

 

 

さ:え!優勝!?いきなりすごい話きた。

 

 

ま:今思うと、スタッフ一人一人の個性や良いところを見てチャンスをあたえてくれる本当にいい会社だったなと思う。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170308205827j:plain

 

さ:じゃあステップアップのための前向きな独立だったんですね。

 

 

ま:そうだね。ステップアップもそうだし、力試しっていう意味もあるかな。どこまで通用するのかやってみたくて。

 

 

さ:向上心が強いところは昔からだったんですね 。

 

 

ま:全然!前の私だったらこんなこと絶対思えなかった。

前のサロンが成長させてくれたんだよね。そこで働けたから今の私があるって本当に思う。

 

 

 

自分で行動するしかない

さ:フリーになって2年半って言ってましたけど、初めの頃はどんな感じだったんですか?

 

 

ま:初めはね、本当にどう動けばいいかわからなかった(笑)ヘアメイクやりたいんだけど、じゃあ何のヘアメイクする?って。

 

 

さ:初めからブライダルじゃなかったんですね!

 

 

ま:そうなの。すごい模索してた。それに例えばさ雑誌とかショーのヘアメイクをやりたいってなったとするじゃん。でもフリーだからさ、「まず誰に言ったらいいの?」「出るにしてもどうすれば?」って。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170308215441j:plain

 

ま:そこから自分なりに調べて、東京のヘアメイクの事務所に手紙、履歴書を送ったんだよね。もう結構な数だよ、全部手書きで。

でもね、一社からもも返ってこなかった。返事すらもらえないんだって。

 

 

さ:えぇ、1通も?心折れそう。。

 

 

ま:うん。折れた折れた〜。ふふふ。

 

 

さ:(わろてるやん)

 

 

ま:雑誌見ながらこのメイクかわいいって思った全写真のヘアメイクさんの名前調べて送ったりもしたよ〜

 

 

さ:すごい。。そういうアプローチの仕方もあるんですね。

 

 

ま:でも結局返事こなかったよ。そこから自分にチャンスが舞い込んできた時にすぐに動ける環境を作っておこうと思って面貸し(美容院と契約をし場所を借りる)をさせてもらうことにしたの

 

 

さ:今やっているスタイルですね!

 

 

ま:うん。そこにいれば身動きできるし、完璧にどこかに所属しちゃったらまた拘束されてやめた意味がなくなっちゃうからね。

 

 

さ:確かに。時間も自分の思うように使えるしある程度融通もきくならそれが一番いいですよね。お店持っちゃうと、また話変わってきちゃうし。

 

 

ま:そうだね。で、浜松を拠点に間借りして、じゃあ何からやろうって。

その頃アレンジ流行り始めてたから、私もやってみようかなって思って。とりあえず50人やることにしたの。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170308210217j:plain

 

ま:カラー・カットのお客様に、終わってからアレンジまでやって、写真撮って日付を書いてインスタにあげるようにしてた。

 

 

さ:え、それサービス(無料)としてやってたんですか?

 

 

ま:もちろん。その時は見返りを期待してやるんじゃなくて、50人っていう目標を達成しようと夢中でやってた感じかな。

 

 

さ:美容院いって、セットまでサービスでしてもらえるなんて絶対嬉しいですよね。

 

 

ま:うん、みんな喜んでくれた!それにセットを気に入って、その後またやりに来てくれる方も何人かいたよ。

 

 

さ:サービスでやったものを技術への信用として今に繋がっている。まさに信用がお金に変わったってことですよね。すごい。

 

 

ま:そうだね。でも本当にその時は喜んでもらえて、こっちも技術が上がる。それしか考えてなかったかな。

 

 

 

すぐやる、まずはやってみる。

さ:茉由佳さんインスタだけじゃなくて、ちゃんとしたHPもあるじゃないですか。あれって自分で作ったんですか?

 

 

ま:そうなの。あるお客様に出会ってね。その方はとても優秀な方で、いつも色々な話をしてくれるんだけど、ある時「今サロンワーク以外にどんなことをしているの?」って聞かれて。

 

 

さ:ほうほう

 

 

ま:アレンジのことを話したら「HPあったらもっと見てくれる人や、問い合わせが増えるんじゃない?」とアドバイスしてくれて、無料で作れるサイトまで紹介してくれたの。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170315143128p:plain

 

 さ:確かにインスタだけだと、そこからDMでヘアアレンジ予約しようって結構ハードル高いかも。

 

 

ま:もうね、次の日すぐHP作った。なんでもやろうと思ってたから。

 

 

さ:ええ?!次の日?!早!!!

 

 

ま:そしたら、次来てくれた時に「名刺も欲しいね」ってなって。

それもすぐ作った(笑)

 

 

さ:行動力。スピーッド感。茉由佳さんいつもゆるふわだからすごいギャップ!!

 

 

ま:ふふふ。そうかな?とにかくすぐやろうって感じだったかな。でもそれが良かったなってすごい思う。

 

 

HP▼

http://armayuka.wixsite.com/mysite

 

 

 

少しずつ広がる活動の幅

ま:どんどん行動していったら、少しずつだけどここはこうしたらいいんだとか、自分の作るスタイルにも統一感が出てきたかな。

同世代のフリーになった美容師友達とカフェを借りてお客様向けのヘアアレンジセミナーを開いたりもしたよ。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170313172838j:plain

 

さ:へええ。お店でやるだけが美容師さんの仕事じゃないですもんね。どんどん新しい活動を自分で見つけて実行しているのがすごい。他にも何かやられてますか?

 

 

ま:最近力を入れているのが、自分でモデルさんを探してきて、ヘアメイクをしてドレスを着てもらって撮影すること。自分の作品を撮りためてるよ。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170313172842j:plain

 

さ:それ、全部自分でやられてるんですか?

 

 

ま:そうそう。大変だけど一人だからこそ自分の世界観を細かく表現できるし、多方面から自分の作品を見ることができるから、課題も見つかって勉強になることが多いよ。

 

 

さ:すごいなー、職人ですね。その撮りためてる写真は何に使うんですか?

 

 

ま:InstagramやHPに載せて自分を知ってもらうツールとしても使ってるし、チャンスが来た時に「これが自分の作品です」っていつでも出せるようにしてる。

 

 

 

ま:この活動を始めてから、少しずつInstagramのフォロワーや口コミが増えていってブライダルの活動が本格的になってきたの。

 

 

さ:ここで今の活動のメイン、ブライダルにつながるんですね!

着実に自分で仕事を掴みにいってる感。

 

 

ま:そうなの。最近では知り合いの美容師さんに声を掛けてもらって、結婚式場とコラボにも参加させてもらったよ!

 

 

さ:式場とコラボ?!

 

 

ま:ドレスをモデルさんに来てもらって、ヘアメイクをして写真を撮るの。

まだまだブライダルの知識は浅いから、行って知ることも多いしこれがすごく勉強になるんだよね。

 

 

ま:でね、何回かやったり、サロンでお客様と話しているうちに結構ブライダルのヘアメイクに不安を持っている花嫁さんが多いことを知ったんだ。

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170308210208j:plain

 

さ:え!花嫁さんにとってヘアメイクってかなり重要ですよね?!それが不安だなんて・・・

 

 

ま:そうなの。ヘアメイクのリハーサルの時にしっかり本番通りにやってもらえなかったり追加料金が必要だったりするところも多いみたい。

でも式場の美容師さんからすると、料金やリハに関しては会社の方針もあるしすごく難しいところなんだよね。それにやっぱり式場の美容師さんだからこそできることもあるし。

 

 

さ:なるほど。茉由佳さんはどういう風にやられているんですか?

 

 

f:id:sakurayamashiro:20170308210215j:plain

 

ま:うん。はフリーだからこそできることをやろうと思って。

何よりお客様の気持ちを尊重するようにしてる。ヘアメイクのリハも本番さながらお客様が納得がいくまでやるようにしているよ。

もちろん打ち合わせだって何回もする。ちゃんと不安を解消してあげて花嫁さんを送り出したいっていう気持ちが大きいかな。

 

ブライダルの料金・問い合わせはこちら▼

http://armayuka.wixsite.com/mysite

 

 

 

全体の1/2記事目を読んでいます>>

 

 

 

次の記事:「空気を読んでいては自分を変えられない」29歳フリーランスが周りに応援され続ける理由