棚田キャンプ2019に参加しました!持っていってよかったものや防寒対策などまとめレポ

4月13日〜14日と、長野県上田市で毎年開催されている棚田キャンプに参加してきました!

 

私も彼もキャンプが趣味ということもあり、月に1~2回ほど行っているのですが、今回は、はじめての田んぼでのキャンプ(!)しかも「日本の棚田百選」にも選ばれた美しい棚田です。

 

普段からキャンプイベントには積極的に参加していますが、今回のイベントは「次回も参加したい!」と思うくらい楽しかったのでレポしていきたいと思います。

 

棚田キャンプに行こうと考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

SPONSORED LINK

棚田キャンプとは?

地域ボランティアさんや、NPO主催のイベント。棚田の営農時期以外の棚田にテントを張り、北アルプスを見渡しながらキャンプファイヤーや星空を楽しめるイベントです。

 

サイトは指定あり。先着順ではないので急がなくて大丈夫

「10時から受付開始、12時ころまでには着てください」とのことでしたが、当日寝坊してしまいついたのは13:30…!事前に連絡を入れておいたこともあり、遅れても特に問題はありませんでした(よかった…!)

 

到着したらまず、受付を済ませます。サイトは早いものがちではなく、すでに決まっているようでした。トイレから遠いなど多少の、違いはありますが棚田になっているので場所が悪いから景色が見えないなどはありません。どこからでも、夜景・星空共に楽しむことができます。

 

リアカー必須!駐車は小道に縦列駐車

受付が済んだら荷物を全部おろします。サイトのすぐ近くに車をつけることができないので、リュックひとつの身軽キャンパーさんなら平気ですが、ある程度荷物がある方はリアカーがないと結構きついです。

 

荷物をおろしたら、車は駐車場へ。私達は行くのが遅かったのでかなり遠くになってしまいました。

 

地面はでこぼこ、ぬかるみはなし

ここが私達のサイトです!

 

普段は田んぼということもあり、下がかなりボコボコ。受付で土をならすための鍬(くわ)の貸出もしていましたが、めんどくさかったのでそのまま使うことにw

 

サイト内にあるワラは自由に使って良いとのことだったので、テントをたてるぶぶんだけ敷いてみました。

 

それでもいざ立てて中に入ってみるとかなりボコボコ!めんどくさがらずに、鍬(くわ)借りればよかった〜〜〜〜!

 

 

差入れ以外は、通常のキャンプ通り各々で楽しむ

早速ごはんの準備です。

 

わたしはキャンプは大好きですが、準備や片付けは苦手なので現地で簡単に準備出来るように、食材はある程度家でカットしてジップロックで持っていきます。

 

これが本当に便利!現地では、焼いたり煮たりするだけです。余ったらそのまま持ち帰れるしまじで便利です!お肉もこんな漢字で下味まで家でつけていって現地では焼くだけ。

 

今日はお友達にもらった蟹を持ってきました。

 

お酒は、いつも行く場所の地酒をスーパーで買います。

 

夕方ごろ、受付でソーセージがもらえるとのことでお皿を持って並び、信州のソーセージをいただきました。やったぜ!

 

18時半ころにはかなりいい感じの景色に…!

 

そしてお腹が満たされる頃には、すっかり夜になっていました。

 

お酒をちびちび飲みながら映画「シン・ゴジラ」を。外で焚き火しながら映画って至福。この上ない贅沢ですね、本当に。ゴジラの第一形態トラウマになりそう。

 

それにしても、星は雲であまり見えなかったものの夜景がすごくきれいですごく良かった。

 

昼間から夕方、そして夜になる瞬間瞬間の美しさって普段はなかなかゆっくり感じることなんてないもんね〜〜。それだけで非日常だしキャンプはやっぱり心が澄むから邪心の多い私にとって定期的におこなる良いリフレッシュになっています。

 

ちなみに、この棚田キャンプ。イベント何だけどあくまで「棚田を残していくための活動の一貫」であって、特にレクリエーションとかもなくソーセージとか米もらえるくらいでイベントイベントしてないところがすごく良いです。

 

気温は上田市の予報-2℃。夜は冷える

気になる気温ですが、キャンプ地が標高mの山の上ということもあり、上田市の天気から-2℃くらいになるそうです。

 

ちなみに、今回は天気予報だと昼間は。夜は7℃でした。

 

昼間:ヒートテック+ロンT
夕方:+トレーナー
夜 :+冬用ダウン、ホッカイロ、ひざかけ
寝 :ストーブ、毛布、湯たんぽ

 

という感じ。日中は温かいけど、夜は結構冷えるからしっかり防寒対策をしていったほうが良いです!

 

携帯の電波は問題なし。施設内はWi-Fiも有り

携帯の電波は問題なく入りました。テザリングもサクサク。お手洗いのある施設内は無料Wi-Fiがありました。

買い出しは先に済ませて!最寄りはベイシア

イベント会場では薪や食料の販売は行っていないので、事前に買ってからくる必要があります。最寄りのスーパーはベイシア。ビビるくらい広くて商品のバリエーションもすごかった〜しかもめっちゃ安い!

 

 

お手洗いとお風呂

現地には、棚田の施設がありそこのお手洗いを借りることができます(キレイ!)。お風呂はありません。

私達は、その日は入らずに次の日に温泉に行きました。

 

近くの温泉▽

SPA ホテル 日帰り温泉 しなの木温泉

湯楽里館

 

初めての棚田キャンプは、とにかくその絶景に癒やされました。

きちんとした施設(暖かい!)があるので、寒い時期のキャンプに慣れていない方も安心だなと思いました。春と秋、年に二回開催されるそうなので、次回も参加したいです!

 

運営の皆様、ありがとうございました!